めんと~れ

森林浴とメンタルケアのブログ

わかってほしいのに・・・。『だれもわかってくれない』【書評/まとめ】

f:id:k_k_azuki:20210225173724j:plain

だれもわかってくれない / 著者:ハイディ・グラント・ハルヴァーソン / 訳: 高橋由紀子 / 出版:早川書房

 

こんにちは!

 

人間関係に悩める30代のあなたへ。

 

今回は、

ハイディ・グラント・ハルヴァーソン 著

『だれもわかってくれない』の書評とまとめです。

 


・わかってほしいのに、どうしてわかってくれないの?

・自分の意図があまり相手に伝わってないなぁ、、、

・相手に自分の意図を伝えるにはどうすればいいのだろう?

 

 

こんな悩みに対して本書では、

ムダに傷つかず、相手にわかってもらう方法を教えてくれています。

 

 

記事の内容
▶なぜ、人はわかってくれないのか?

▶あなたも持っている、色眼鏡のお話し

▶どうすればわかってもらえるのか?

 

5分ほどで読めますのでどうぞお付き合いください。

それではスタート!

 

なぜ、人はわかってくれないのか?

f:id:k_k_azuki:20210305092330j:plain

 

なぜ人はわかってくれないのか?

 

本書では次のように書かれています。

 


・そもそも、人は分かりにくいものだから

・人は他人を自分が見たいように見るから

 

 

言われてみれば

「うん、そうかな!そうなんだね。」

って感じなんですけど、、、これが理由です。

 

 

「人はわかってくれる」と思いながら接して

「あれ?あまりわかってもらえない、、、」となるよりかは

 

はじめから「そもそも人はわかりにくもの」と思って、

歩み寄る努力をしたほうが、なんだかスッとします。

 

本書ではさらに、

「わかってくれない」要因について

3つのレンズを挙げています。

 

 

いわゆる「人を見るときの色眼鏡」の話です。

 

あなたも持っている、色眼鏡のお話し

f:id:k_k_azuki:20210305092422j:plain

 

ここからは、誰もが持つ色眼鏡の話に移ります。

 

本書ではこの色眼鏡を

「認識を歪める3つのレンズ」と呼んでいます。

 

 


・信用レンズ:
敵か味方か?を判断する色眼鏡


・パワーレンズ:
自分の役に立つかどうか?(権力者がかける色眼鏡)


・エゴレンズ:
自分が優位になるように物事を見るための色眼鏡


 

 

つまり、私たちはこのような思いこみや損得勘定や自己顕示欲

などの色眼鏡を瞬間的に、しかも無意識でかけます。

 

そらぁ、わかってもらえないなぁ。

という感じです。

 

 んじゃ、どうすればわかってもらえるのよ!

 

って話になるので、少し触れておきます。

 

どうすればわかってもらえるのか?

f:id:k_k_azuki:20210305092556j:plain

 

どうすればわかってもらえるのだろうか?

 

それは、

ひたすら相手を安心させることです。

 

 

相手を安心させるには、

人間的な「温かみ」と、「能力があること」、

を相手に印象付けることがよいそうです。

 

温かみと能力を相手に伝えるには?

f:id:k_k_azuki:20210305093029j:plain

 

相手を安心させるための方法、

「温かみ」と「能力」の伝え方です。

 


温かみ:
相手に注意を払う、目を合わす、微笑む、うなづく、共感を示す


能力:
目を合わす、背筋を伸ばすなど意識的にパワーポーズをとる


 

「温かみ」は相手の味方になろうとしていることの表れで、

「能力」はそういう意図を実践できることを意味しているそうです。

 

 確かに、こんな人がいれば相手は安心できます。 

 

本書ではさらに、

・誤解を解く方法

・謝り方

 

などについても書かれているのでとても面白いです。

ゆっくり読んでみてはいかがでしょうか。

 

▶▶ だれもわかってくれない: 傷つかないための心理学

 

まとめ:「だれもわかってくれない」けど、歩み寄る姿勢は大切

f:id:k_k_azuki:20210305093203j:plain

 

いかがだったでしょうか。
 
本書を読んだ感想としては、
 
「人はわかってくれない!と思っていたほうがよさげ」です。良い意味でね!
 
 
悟った感じになってすみません、
が同時に、だからこそ、「わかり合おうとする姿勢
がとても大切なんだとも思いました。
 
 
少しずつ歩み寄ろうとする姿勢が、
自分の「温かみ」や「能力」を相手に自然な形で伝え、
 
⇒「相手を安心させる」ことにつながり、
 
⇒やがて、「わかってもらえる、わかり合える
のではないかと感じました。 
 
良い人間関係は、人の幸福度も高めます。
参考になれば嬉しいです。
 
それではまた! 
プライバシーポリシー お問い合わせ