めんと~れ

森林浴とメンタルケアで心身の健康を最大化させるブログ

自分に自信を持つために必要な3つの習慣【体調と記録と小さな行動】

 

f:id:k_k_azuki:20210407160139j:plain

 
こんにちは! 
 


・自分に自信を持つための習慣を知りたい、身につけたい

・自信を持つための土台をつくりたい

・生活にハリがほしい、「いま私はこれをやってます!!」ってのがほしい

 
今回はそんな人に向けて書いています。
 
 
記事の内容

▶自分に自信を持つための3つの習慣【体調と記録と小さな行動】

▶私が自分に自信を持つために身につけた習慣の例

▶自分に自信を持つために習慣を継続させる2つのコツ

 
  
すれ違うネコに道を譲ってしまうほど自信を失っていた私が、
ほどよく自信をつけることができたのも習慣のおかげです。
 
あなたもこの記事を読めば
自信を持つための小さな行動と大きな一歩を踏み出せます。
 
自信を持つためのポイントは、
 「体調を整え、記録して、小さな行動を積み重ねる」です。
 
それではスタート!
 

自分に自信を持つための3つの習慣【体調と記録と小さな行動】

 

f:id:k_k_azuki:20210407160606j:plain

 

自分に自信を持つための3つの習慣は、

 


・【体調】を整える

・【記録】する

・【小さな行動】を積み重ねる

 
では詳しく見ていきましょう。
 
 

【体調】:自分に自信を持つためには、まず体調を整える

 
体調はいかがですか?
体調が整うだけでも不思議と自信は湧いてくるもんです。
 
 
ということで、
自分に自信を持つためのひとつめの習慣は、
「体調を整える」です。
 
 
 
自信の源でもある「やる気」が出やすく、
「自己管理ができている」と思えるからです。
 
 
「食事、運動、睡眠」、このあたりは言わずもがな、プラスして森林浴や自然にふれてみてはいかがでしょうか。
 
森林や自然には、
ストレスを軽くしたり、血圧を安定させるなどの効果があります。
 
自信の源である「やる気」もあなたの健康な身体があってのことです。
 

【記録】:自分の自信を呼び戻してくれる記録の習慣

 
自分に自信を持つために必要な習慣2つめは、
「記録」です。
 
記録することで、
「今はできないけど、だんだんできるようになる、形になっていく。」という感覚がわかるからです。
 
 
また、過去の自分と向き合うことで他人と比べることも減ります。
 
 
記録するときの5つのポイントは、
 


・毎日5分-10分、1人の時間を”意識的”につくる

・日々思うことや感じたこと、できたことを丁寧に記録する

・できたことの大小は気にしない

・記録していくなかで「これは大事だな!」と思うところや、「今、名言でたな!」ってときは見返しやすいように別メモに移す

・おまじないのようにメモ、日記などの記録を見返す

 
ということで、
自分に自信を持つための習慣2つめは「記録」です。
 
 

【小さな行動】:自分に自信を持つための小さな行動習慣

 
自分に自信を持つために必要な習慣3つめは、
「小さな行動」です。
 
踏み出す一歩が小さいほど続けやすく、
前に進んでいる感覚も得られるからです。
 
さらに、小さな行動を日々振り返ることでも自信につながります。
 
 
自信につながる小さな行動、、、例えば、
 


・腕立て1日1回

・1日1行日記

・2週に1回は外をお散歩

 
これならできそうな気がしませんか?
私もはじめはこの目標からはじめました!
 
 
マジな話、
 
「バカバカしい」と思えるぐらいがちょうどいいです!
これしかできないですが、これならできます!
 
ということで、自分に自信を持つための習慣3つめは「小さな行動」です。
 
 
何かをするときは、
一番簡単で確実にできそうな「小さな行動」からはじめてみてください。
 
 

番外:もし、他人と比べてしまうクセがあるときは・・・

 
自分に自信を持つために必要な習慣を3つご紹介しました。
 
もし、他人と比べるクセがある!という人は、
その気持ちを受けとめてあっさり他人と比べましょう。
 
あなたにとって必要な感情だからです。
 
その感情を無視してストレスをためるより、
受けとめて活かした方が健全だと思いませんか?
 
 
他人と比べるときのコツとしては、
「自分が優位に立つためだけ」ではなく、
 


・頑張っていること

・成長していること

 
にフォーカスしましょう。
 
 
でもこれでは、他人と比べるクセがなおらなさそう・・・。
と思いますよね。
 
 
でもご安心ください。
他人と比べるクセは「記録」や「小さな行動」を積み重ねていくうち、
ゼロにはならずとも確実に減っていきますよ。 
 
 

私が自分に自信を持つために身につけた習慣の例

 

f:id:k_k_azuki:20210407160701j:plain

 

冒頭でもお伝えしたように、

私はすれ違うネコに道をゆずってしまうほど自分に自信がもてなかったです。

 

でも、これから紹介する具体的な習慣をやっていくうちに、

ほどほどの自信を持てるようになりました。

 

参考になれば幸いです。


・毎日の一言日記:


その日のことや、できたことを一言で!

 
 


・筋トレ:


腕立て1日1回チャレンジはいかがですか?

 


・読書:


1日2ページを目標にしてます。

 
 


・新しいことをやる:


ブログ、バスケ、ツイッター、アーチェリー、左手で歯を磨くなどいろいろ試しているところです。

▶▶【心の準備】バスケサークルに入る社会人へ【初心者OK!】

 
 

自分に自信を持つために習慣を継続させる2つのコツ

 

f:id:k_k_azuki:20210407160838j:plain

 

さきほどは自分に自信を持つための習慣をご紹介しました。

 

習慣がみつかれば次は継続です。

 

なので、自分に自信を持つための習慣を継続させるコツについて簡単にご紹介します。

ポイントは2つです。

 


・小さく始めたことをひたすら続ける

・行動開始の合図を決める

 
とはいえできないときもあるのが人間・・・。
そんなときは、こう考えましょう!
 
「できない時もある、、、だって人間だもの」
 
 
詳しくは、
 
 
の記事でも書いておりますので、もしよろしければお読みください。
  
 

まとめ:自分に自信を持つために必要な3つの習慣【体調と記録と小さな行動】

 

f:id:k_k_azuki:20210407160910j:plain

 

いかがだったでしょうか。

 

今回は自分に自信を持つために必要な3つの習慣というテーマでお届けしました。

 

その習慣とは、
「体調を整え、記録して、小さな行動を積み重ねる」です。
 
 
何からやれば?って人は、
「腕立て1日1回」を強くおすすめします。
 
たかが腕立て1日1回ですが、
続けることで自信になり、その自信はやがて色んなところに波及していきます。
 
 
バカバカしいんですけど、効くんだなぁこれが。
 
 
あなたは、あなたがすでに持っている自信をあなたの手で引き出すことができます。
それではまた!
 
プライバシーポリシー お問い合わせ